睡眠障害について、あなたはどこまで知っていますか?

ページトップへ

ベッド

睡眠呼吸障害

睡眠障害の中で、近年よくメディアで取り上げられているのが、「睡眠呼吸障害」です。
この症状は、睡眠中に何らかの異常な呼吸をしてしまう状態の総称です。
この睡眠呼吸障害は、一般人口のおよそ1%以上が抱えていると言われています。
発症の多い年代としては、30歳~60歳と中年期に多いようです。その年代の中で、男性は4%、女性で2%が抱えている症状なのです。

睡眠呼吸障害の中でも、比較的耳馴染みがあるのが「睡眠時無呼吸症候群」ではないでしょうか。
この睡眠時無呼吸症候群こそ、近年度々メディアで取り上げられている症状の1つです。
これは、どういった症状が見られるのかというと、夜寝ている時に何度も呼吸が止まってしまう状態のことを指します。
睡眠時無呼吸症候群と診断される基準としては、1時間のうちに5回以上無呼吸または低呼吸になる場合です。
睡眠時無呼吸症候群を発症している人の中でも、およそ95%は「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」が占めていると言われています。
この睡眠時無呼吸症候群のこわいところは、ただ睡眠中に何度も呼吸が止まるという点だけではありません。
この状態が続くことによって、高血圧や虚血性心疾患、脳梗塞などを引き起こす可能性があるのです。

呼吸が止まる以外の症状としては、一中に眠気を感じる、いびきが大きい、睡眠時に窒息感を覚える、あえぎ呼吸が出る、夜間のみ頻尿、倦怠感、頭痛などが挙げられます。
このように、場合によっては日常生活に支障を来すこともあるので、楽観視は決してできません。
ですが、夜間に引き起こされる症状については、睡眠時に出るために本人が気づかない場合が多いようです。
そのため、家族など周囲の人が注意してあげることが必要となってきます。

なぜ、この睡眠時無呼吸症候群が引き起こされるのかという話ですが、これは上気道と呼ばれる空気が通る道が閉塞することで起こるとされています。
閉塞の原因は、肥満や脂肪が多く首が短いと言ったことが挙げられます。このほかにも、舌が大きい、あごが小さいといったことも関係しているようです。
一人暮らしをしている人でも、日中の症状から可能性を探ることは可能です。その症状から、睡眠時無呼吸症候群の可能性を考え、専門医に相談してみるのが良いでしょう。

  • 睡眠障害ってなに?
  • 概日リズム睡眠障害