睡眠障害について、あなたはどこまで知っていますか?

ページトップへ

ベッド

睡眠障害ってなに?

現在、なんと日本国民のおよそ20%が睡眠障害で悩んでいます。
その睡眠障害には、さまざまな種類があるのですが、その中でもよく言われているのが不眠症です。
おそらく、多くの人は「睡眠障害」よりも「不眠症」のほうが耳馴染みがあるのではないでしょうか。

この不眠症の一般的な症状としては、どういった症状が挙げられるのかということをお話していきます。
例えば、夜寝付きが悪くなかなか眠れない、時折目覚めてしまい睡眠を維持できない、眠れないのに朝早くに目が覚める、睡眠が浅いために眠った気がしないといった症状が見られます。
また、こういった状態が続き睡眠不足になることで、注意力や集中力、記憶力、判断力などが低下してしまいます。
当然、そうなれば、日常生活にも支障を来してくると言えるでしょう。

また、このほかにも、夜眠れないために、日中眠くなってしまったり、ストレスや疲労を感じやすくなったりと、さまざまな体調不良を訴えるようになります。
日本人の20%が睡眠障害を可能性があると言われていますが、その中でも日本人のおよそ5人に1人が上記のような症状で悩んでいると言われています。
基本的に、こうした不眠症というのは、小児期や青年期にはあまり見られません。
20代~30代に始まり、歳を追うごとに少しずつその人口は増加しているようです。そして、中年期・老年期にもなるとその数は急増しているようです。
また、男性と女性を比較すると、女性に不眠症患者は多いと言われています。

  • 睡眠障害ってなに?
  • 概日リズム睡眠障害