睡眠障害について、あなたはどこまで知っていますか?

ページトップへ

睡眠中の男性

概日リズム睡眠障害

睡眠障害は、大きくわけると「不眠症」と「過眠症」の二種類に分類することができます。
しかし、実際には、このほかにもさまざまな種類が存在するのが睡眠障害です。
例えば、その中には、「概日リズム睡眠障害」と呼ばれる種類が存在します。
これは、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないことによって、睡眠が必要とされる時間帯に眠りに付くことができない状態のことを指します。
また、それによって、日常生活や活動に困難が生じてしまう睡眠障害のことです。
概日リズム睡眠障害には、いくつかのタイプが存在します。以下では、その説明をしていきます。
・交代勤務による睡眠障害
職業柄、交代勤務が必要になる場合があります。
交代勤務は、夜勤や日勤など、常に勤務時間帯が変動してしまいます。それによって、体内時計と勤務スケジュールが合わなくなってしまうことが原因で発症すると言われています。
症状としては、日中に眠気を感じる、夜眠れない、作業能率低下、倦怠感、食欲不振といったものです。人によっては、身体症状や精神症状が現れるケースもあります。

・睡眠相後退症候群
これは、体内時計が遅れていることによって、睡眠が遅い時間帯にずれ込んでしまうことで発症するものです。
症状としては、明け方あたりまでなかなか寝付けない、一度眠ると昼過ぎまで眠り続けるといった症状があります。

・睡眠相前進症候群
睡眠相前進症候群は、上記の反対で、夕方など早い段階から眠気が襲ってきます。そして、早い時間に眠り、早朝に目が覚めるといった症状が一般的です。
原因は、体内時計が進んでいるので、睡眠が早い時間帯にずれ込んでしまうためです。基本的に、高齢者に多いようです。

・非24時間睡眠覚醒症候群
これは、体内時計が、朝の光でリセットされないことが原因とされています。
学生など若年層に多く見られると言われていますが、その理由としては長期休暇で昼夜逆転生活を送ってしまうことで、引き起こすからだと言われています。
症状としては、寝る時間と起きる時間が毎日1時間~2時間ずつ遅れていくといったものです。

・不規則型睡眠覚醒パターン
これは、睡眠状態と覚醒状態が昼夜問わず不規則に現れる状態のことを指します。
夜眠れない、日中に眠気がある、昼寝が増えるといった症状が見られます。
原因は、体内時計のリセット機構が弱くなった場合に引き起こされることが多いようです。
かつ、社会的接触が少ない環境にいる場合にも引き起こされやすいようです。

  • 睡眠障害ってなに?
  • 概日リズム睡眠障害